心安めに

  • Post Author:
  • Post Category:ブログ

 こんばんは、ペットハウスJUNの鈴木達也です。さてニュースが騒がしいですな。芸能人の不倫が連日報道されていると思えば次が新型コロナウイルス。どこを見てもこれでは心が休まらないと思いませんか?特に、新型コロナウイルスに至っては連日の報道でマスク、アルコール除菌用のスプレーやジェルが足りないとのこと。医療機関の一部ではこれらを発注しても入手困難だと言います。早くこの事態が収まって欲しいものです。

 さて、最近は連日の過熱報道やYouTubeを見るでもなく読書に耽っています。「自己啓発してます」「学んだことをお店で実践します!」なんて偉そうな理由ではございません。私は本を人間力、魂を磨くために読んでいるのです(←こっちの方が偉そうですね!)もちろん儲けたいから読んでる本もあります(笑)メソッド本や儲けのテクニック本が店頭に堂々と並ぶ光景をよく見ます。もちろん私もパラパラと眺めますが、ほとんど買いません。なぜなら小手先、つまり、今・この時・この瞬間しか使えないからです。自分の筋肉や骨、血となるには長い年月が掛かります。ふと手にした本が10年後の困った時、ピンチを救うこともあります。実用性ばかりの本の他にも広い分野の読むことが、人生を豊かにするのだと私は思います。今回皆さんにご紹介するのは

武田鉄矢著 /小学館プレジデントセレクト/2019年4月10日。

金八先生でお馴染みの武田鉄矢さんがラジオ番組「武田鉄矢 今朝の三枚おろし」の中で紹介した本を書籍化したものです。本の中で12冊の本を武田流に紹介・解説しています。私が1番興味を持ったのが、「福井モデル 未来は地方から始まる」藤吉雅春著/文藝春秋/2015年4月21日

超高齢化社会、人口減少等暗い事実がある中で福井を含む北陸3県はすでに日本の未来を先取りしているというのです。確かに北陸新幹線開通時には大きな話題となりましたが、経済効果は一時的なものとされていました。さて、そんな中福井を始め北陸3県がどのようなチャレンジをしたのか!この続きは来週のまな板で。