聖地、秋葉原!

  • Post Author:
  • Post Category:ブログ

 こんばんは、次期店長の鈴木達也です。今回はワンちゃんとな~んも関係ないデカ盛りの話です。皆さんはご存知でしょうか、秋葉原がアイドル、ヲタク、電気街、AKB生誕の地のほかにもう1つの顔があることを・・。そう、デカ盛りです!こめ、コメ、おかず、米。大食漢の私からすれば嬉しい限りですが、デカ盛りを唄うお店の中にはあまり美味しくない店が多々あるのが実情です。しかし、今回ご紹介するお店は違います。秋葉原・外神田はあります「ごはん処 あだち」!!知る人ぞ知る、秋葉原のデカ盛りの総本山(笑)とは、ちと言い過ぎですが、このお店の白米の量は半端ではありません。まずは写真をご覧ください。

 どげんですか、この白米とおかずのおおいこと。注文は「なす味噌定食」。ごはん、サラダ、みそ汁、おかずの構成です。ちなみに、なす味噌の上に乗っかてる春巻きとコロッケは大将からのサービス(大将、ごっつぁんです)!ごはんはお替り自由ですが、通常のお店のように「普通盛りで」「大将、大盛りで」なんて言うと大将からツッコミが。「ごはん処 あだち」の普通盛りは1升(約3.5㎏)、大盛りは2升(約7㎏)。絶対に食べきれません。大将曰く「有名な大食いファイターでも大盛りは食べきれなかったなぁ。」とのことです。普通の人は擦り切れ(約600g)で十分です。これでも多いと思うならば、大将に言えば少なくできますので、ご安心を!そして、このお店のもう1つの魅力は大将の『人柄』。初めての人でも「初めて?ネットで見たのかい?」と気さくに話しかけてくれます。開業して50年以上、大将で3代目ということで秋葉原の今昔をいろいろ話してくれます。その話を聞きながら頬張る定食は美味いの一言です。アットホームな雰囲気が好きな方、江戸っ子の話を聞きながら腹一杯の白飯が食べたい方は秋葉原の「ごはん処 あだち」へ!!