がっつり漢飯 ラーメン豚山にて

  • Post Author:
  • Post Category:ブログ

 こんばんは、ペットハウスJUNの鈴木達也です。今宵は私おススメの二郎系ラーメン屋をご紹介!皆さんは二郎系ラーメンを食べたことはありますか?中には「もやしばかり」「量が多すぎて食べきれない」等々で行かれていない方も多いと聞きます。とかく二郎系の店は男性が多いので、女性はすこ~し店に入りずらいと印象を持たれがちです。先に言います、あなたの概念をぶち壊す一杯がそこに有ります。昔はどうかは知りませんが、麺や野菜を標準サイズより少なくしてくれるお店がほとんどです。中には、麺を少なくすると割引きしてくれるお店も!その効果なのか、女性客は多くなってきました。なので気軽に行ってみてください。

 先日、御徒町にある「ラーメン豚山」に行ってきました。オーダーは小ラーメンと豚(焼豚)1枚追加です。二郎初心者の方がかなり緊張すると聞くのが、二郎系ラーメン独自の『コール』と呼ばれるもの。

①野菜(ラーメンの上にのっているもやし、キャベツ等)

②脂(背脂)

③ニンニク(最初は入っていません)

④カラメ(味を濃くするための醤油ベースのラーメンだれ) 

 これらの無料トッピングをラーメンが自分の所へ運ばれる直前に店員から聞かれます。私も最初かなり戸惑いました。増量するのは良いが、どのくらい増されるのか分かりません。ですので、人生最初の1杯は「そのままで」と伝えるのが良いですかね~。ちなみに「ラーメン豚山」には『コール』のやり方、どのくらい増されるのかが書かれた紙がテーブルにあるので、不安な方は参考に!

 さて、最初は上にのった野菜達を食べ進めます。この野菜に卓上のタレとコショウを振って食べると美味しいです。その野菜の合間に焼き豚をパクリ。ホロっと崩れ、味が染みてて、最高の一言!!さらに野菜を食べていくと・・

 いよいよ本丸・麺の登場です。二郎系の麺の特徴は太麺で歯ごたえがあり、小麦の香りがほのかにします。コショウをパッパッと振り、思い切り吸います。モチっと、程よいコシ、スープを吸った麺の美味しいこと。ずるずると麺をすすり、たまにスープを1口ゴクリ。最初は250gの麺がありますが、あっという間になくなる、そんな美味しさなのです。ガツンと食べたい、パワフルなものを体に入れたいときはこの1杯!!