今こそ見よう!ジャッキー・チェン

  • Post Author:
  • Post Category:ブログ

こんにちは、ペットハウスJUNの鈴木達也です。今日はポカポカ日和で少し暑いくらいですが気持ちの良い陽気ですね~。ワンちゃんの散歩も気持ちよかったのではないでしょうか。明日はガクッと気温が下がるそうです。風邪を引かないようにお気を付け下さい。

今日は我らがジャッキー・チェンの魅力を語ります!!!40代以上の男性は大好きな人も多いと思います。アジアで最も成功し、最も有名な人物こそジャッキーなのです。当時、イギリス領だった香港で生まれたので英語名のJakie   Chan、中国名の成龍の2つを持っています。Chanは本来「チャン」と読むのですが、日本ではあだ名の○○ちゃんと似ていることから「チェン」と呼ぶようになったそうです。ジャッキーの魅力な何と言ってもスタント無しのアクション。個人的には1980年代~2000年初めまでの作品が一番脂が乗っている時期だと感じます。中でも『プロジェクトA』では首の骨を折る大怪我に見舞われましたが、ジャッキーの怪我の回復を待って撮影は続行されました。この作品では中国戯劇学院の同門のユン・ピョウとサモ・ハン・キンポーとの共演に大興奮!!『プロジェクトA』は香港映画史上最高の興行成績を記録しました。ジャッキー、ユン・ピョウ、サモ・ハンのクライマックスのアクションは今では中々お目にかかれません。ワイヤーもスタントもCGも無いのですから。肉体と肉体がぶつかる息づかいが画面を通して伝わる作品です。

ジャッキーはアクション俳優だけではなく、歌手としても人気があるのをご存知ですか?歌手としてのジャッキーは日本よりは中華圏で有名です。プロジェクトA』のテーマ曲「東方的威風」や『ファースト・ミッション』のOP曲「チャイナブルー」、ED曲の「東京サタデーナイト」はなんと日本語で歌っています!来てみると結構良いんですよ~。

ジャッキーがアクションは、「ダンスをするようなもの」と発言しているように流れるようなカンフーが見所。近くにある本やゴミ箱を投げる、走るバスに飛び乗る、塀を乗り越えることなど朝飯前!ジャッキーが繰り出すカンフー仕込みのパンチ・キック共にキレ味抜群です。ちなみに、後ろ回し蹴りはジャッキー、サモ・ハン、ユン・ピョウ等の香港アクション俳優が多用する技です。鈴木セレクションとしましては『プロジェクトA』(1983年制作)、『ポリス・ストーリー』(1985年制作)、『スパルタンX』(1984年制作)、『ラッシュアワー2』(2001年制作)これらはどれも名作なので、家で暇を持て余している方は是非ご覧ください!!

参考資料 語れ!ジャッキー・チェン