俺の駄菓子

  • Post Author:
  • Post Category:ブログ

こんばんは、ペットハウスJUNの鈴木達也です。やっと酷暑は過ぎた感じはしますが、まだ暑いですね~。コロナ疲れに加え、酷暑の疲れは確実に溜まっています。この時期はしっかり睡眠とってくださいね(*^^)v

今回のテーマである「駄菓子」。懐かしいと思う方もいれば、なじみのない方もいるかと思います。駄菓子は10円~50円のお菓子がほとんどです。ですので、戦後の裕福でない子供たちにも気軽に買え、当時の日本の子供たちのお腹と心を満たした素晴らしき物なのです。

次期店長御用達の『甘いか太郎』。

僕が初めて食べたのは小学2年の頃です。立石大和スイミングスクールの帰りに、1軒だけあった駄菓子屋に寄るのが毎週土曜日の楽しみでした。

ちょうど渋江公園から京成線の向かい、踏切に越えたところにありました。

一口かじると旨味と甘辛のタレがじゅわっと広がり、8歳の少年は大興奮!こんなに美味いお菓子があるのかと!

しかも結構大きいので嬉しい限りです。「うめぇ」とゆっくり噛みしめながら家へ帰ったのは良き思い出です。

ビッグカツ』の更なるパワーアップverの『メガドンソースカツ』と以前に掲載した『のし梅さん』。駄菓子のカツを舐めてないけません。魚のすり身を揚げて、カツ風にしています。ソースも程よくかかり、お酒に合うんだ~。日本の駄菓子のレベルにはビックリですね。このクオリティで50円前後。寿司や天麩羅だけじゃない!!日本の駄菓子は世界最高峰の逸品なのです。

最後を飾るのは『』しかありません。2020年現在、30種類近くの味があります。どの味も10円で食べられるのです。10円ですよ!?

「なっとう味」は、だし醤油やからしの香りと納豆特有のネバネバまで再現しています。ザ・ジャパニーズ クオリティ!!

僕のおススメは「めんたいこ味」。粉の味付けが抜群でございます!2本3本など10秒で消えますたい。「たこ焼き味」は全体をソースでコーティングされ、食感が他のうまい棒とは違います。お酒に合わせるならレモンサワーですな。

最後のおススメは「やさいサラダ味」。ガーリックシーズニングが入っているのでおいしさUP!味が濃いのでチューハイのドライがぴったり!!

子供の頃は主食、大人になったらお酒のおつまみになる駄菓子。葛飾区内であれば、アリオ亀有か柴又駅降りて直ぐに駄菓子ショップがあります。明日の晩酌は駄菓子でキュッ(^-^)