解決編はこの後で・・・古畑任三郎でした

  • 投稿者:
  • 投稿カテゴリー:ブログ

こんにちは、ペットハウスJUNの鈴木達也です。暖かくなったり、寒くなったりとまるでジェットコースターの様な気温が続いています。しかし確実に春が近づいているようです。

今年もお花見は・・・ダメでしょうね。上野山には早くも桜が一部咲いていました。来年こそはお花見を目一杯楽しむために、今年1年目で楽しみましょう!

田村正和主演、三谷幸喜脚本の推理刑事ドラマがかつて放送されていたのをご存知ですか?拳銃や爆破シーン、本庁との掛け合いもありません。ひたすら推理に特化した刑事ドラマです。

最も変わっている点は、ストーリーの進み方が一風変わっているのです。

普通、刑事ドラマでは犯人は後半に登場するものです。しかし、『古畑任三郎』では最初に犯行を視聴者に見せ、古畑がどのように糸口を見つけ、犯人を追い詰めるかに主眼が置かれています。

この放送様式はアメリカのドラマ、ピーター・フォーク主演『刑事コロンボ』と同じ倒叙物と呼ばれる方式です。

放送当時は小学生だったこともあり、相手のボロや言動の綻びから追い詰める醍醐味が分かりませんでした。30歳を越えた今はどの刑事ドラマよりも観てしまします。

古畑と部下の今泉(演:西村まさ彦)や西園寺(演:石井正則)との掛け合いも見所です。

東京都は自粛が延期されそうです。この機会に『古畑任三郎』ご覧になってみて下さい(*^-^*)

え~またお会いしましょう・・・古畑任三郎でした